愛知県春日井市の食器・陶磁器専門リサイクルショップ 高価買取り・委託販売:洋食器・和食器・現代作家窯元のやきもの・骨董品・茶道具etc,
食器陶磁器リサイクルショップ器道楽







器道楽サイト内商品検索
カスタム検索
通販サイト器道楽e-shop

現代陶芸作家・時代陶磁委託品ギャラリー

酒器と向う付け
器道楽店長ブログ

中部の陶芸作家事典

器道楽買取り価格10%アップクーポン
春日井市周辺の方、リサイクルショップ器道楽ご利用の際にお徳な買取りクーポンをご用意しました!


酒器と向付け  
酒呑みのためのこだわりのうつわ 酒器と向付け〜トップ目次〜

8.焼酎をオンザロックで楽しむ〜その2≪戻る     次へ≫

9.信楽焼の酒器で日本酒を楽しむ

信楽焼 古谷信男作 魚文酒器揃1

粉引きのような、優しい白い釉薬に覆われた酒器。
帯状に抜かれた胴部には魚が泳いでいます。
表面はしっとりとして、手に馴染みも良く、触感も気分の良いうつわです。

寒くなると熱燗の占める割合が徐々に増えてきます。
今のところ9対1で、焼酎ロックですが、 おでん、鍋ものには、もう日本酒にいってしまいます。

酒呑みにとっては、料理と酒の相性というのは決して無視できません。
この相性というのは、人によってさまざまでしょうが、結構譲れない部分が多かったりします。

だからその日の料理によって、焼酎、日本酒、ビール、ワインを飲み分けています。
いつも必ず同じお酒しか呑まないというのは、私はちょっと信じられません。

さて、森脇文直作の小振りの織部皿には、身の締まった北海道産のシシャモあたりいかがですか?
こんな素敵なおさら盛り付ければ、もうご馳走です。

ポリエチレンの容器のまま、醤油をかけて食べるようなことは間違ってもしません。
私の大好きな晩酌のひとときを、心豊かに過ごすためのうつわを選びます。
ほんの少しの「手間」とも言えない程度のことです。

荒井明子さんの著書に「うつわがごちそう」というのがありました。
言いえて妙。

信楽焼 古谷信男作 魚文酒器揃2
(記 07/11/25)





器道楽ドットコム 愛知県春日井市六軒屋町5丁目34 Tel:0568-82-0190  Copyright (C) 2001-2014 器道楽ドットコム All Rights Reserved

Facebook Timeline Cover Photos